ALPACA実験

太陽コロナ磁場の検証

太陽は周囲に強大な磁場をまとい、それは太陽風と呼ばれるプラズマの流れに乗って地球や他の遠い 惑星にまで影響をおよぼしています。太陽表面の磁場は地上の光学望遠鏡によって精密な測定が可能ですが、 太陽近傍のコロナ磁場は測定が困難なためよく分かっていません。我々は、超高エネルギー宇宙線が 太陽によって遮られる現象「太陽の影」を用いて、太陽コロナ磁場の理論モデルの検証を行います。 地球にやってくる宇宙線は、電荷を帯びていますので太陽の周辺を通ると磁場によって軌道を曲げられます。 これにより、地球で観測される「太陽の影」は、磁場の状態によって見え方が変わるので、 間接的に太陽の磁場構造の検証が可能になります。

太陽の影


Tibet ASγグループよって観測された1996年から2009年までの年毎の「太陽の影」。 色が影の深さを表している。2006年は欠測。
(Amenomori et al., PRL, 111, 011101, 2013)
ページのトップへ戻る